【特急乗り比べ】函館本線 特急北斗 自由席&グリーン車 【北海道初上陸】

f:id:lafiesta562:20220614081034j:image

函館観光の際に、行きたい場所は全て訪れたけど、時間が余ったのと家に傘を忘れたので、フリーパスを使って函館本線に乗車

 

f:id:lafiesta562:20220614073626j:image

函館本線長万部行 の普通列車 キハ40
f:id:lafiesta562:20220614073619j:image
f:id:lafiesta562:20220614073632j:image

車内にはJR北海道の広告のみ設置。奥羽本線とかのローカル線だと、利用者数が少ないからか広告が一枚も無いですが、特急が運行されているためか、自社の広告貼るくらいは収益がありそう

f:id:lafiesta562:20220614074750j:image

函館駅で買ったお菓子を車内で食べながら、休憩所がわりに車窓を眺めてた


f:id:lafiesta562:20220614074721j:imagef:id:lafiesta562:20220614074724j:image

山沿いを走行し、雄大な山々や小沼を車内から観ることが出来た!
f:id:lafiesta562:20220614073629j:image

森駅で下車。はこだて縄文パスポートの北限の駅。

函館本線の本数は1時間に1本程度。北海道第3の都市函館まで行く路線ですが、東北のローカル線と同じくらいの本数

 

f:id:lafiesta562:20220614075741j:image

f:id:lafiesta562:20220614075915j:image

特急北斗の自由席に乗車。森駅は海沿いなので、海の景色も楽しめる
f:id:lafiesta562:20220614075638j:image
f:id:lafiesta562:20220614075633j:image
f:id:lafiesta562:20220614075627j:image

自由席の車内は暖色系のカラーリングで、暖かみのあるデザイン

JR東日本の特急よりも高級な感じがある
f:id:lafiesta562:20220614075635j:image

 

函館駅で下車後、1時間半後の北斗グリーン席に乗車

f:id:lafiesta562:20220614080238j:image

新函館北斗までわずか18分のブルジョワ利用

f:id:lafiesta562:20220614080232j:image

グリーン席車内は青い座席やブラウンの照明が高級感を演出していた
f:id:lafiesta562:20220614080243j:image
f:id:lafiesta562:20220614080241j:image

f:id:lafiesta562:20220614080235j:image