【乗車記】特急ひたち 指定席 <浪江〜仙台>

f:id:lafiesta562:20211222204835j:image

以前、浪江から常磐線の特急ひたちに乗車した時の車内の様子のレビューをしてなかったので、初投稿です。

乗車日2021年3月31日

 

特急ひたちは常磐線の特急で品川や東京駅から水戸、いわき、浪江、仙台などに停車する特急で、茨城北部、福島県浜通りに多く停車駅があります

特急ときわと同じくE657系が使用されており、JR東日本の中でも新しめの車両。

 

f:id:lafiesta562:20211222203556j:image

f:id:lafiesta562:20211222203553j:image

車内はシルバーの床に黒い座席と落ち着いた色合いが特徴。

貸会議場みたいな雰囲気を感じますね

 

新幹線や以前乗ったいなほと比べてモノトーンなカラーリングのためか、スタイリッシュな感じがします!

ひたちに使われているE657系は品川や原子力関連の施設が多い茨城、浜通りを結ぶビジネス需要が大きいので、出張で利用する客層に合わせて車内が設計されてるのかな?

f:id:lafiesta562:20211222203826j:image

新幹線と同じく充電用コンセントも座席の肘掛けにありましたが、黒いカラーリングのため見つけづらいので初めて乗る時は注意が必要かも

 

コロナの感染者数が少なくなり、出張、帰省で常磐線沿線に出かける場合はおすすめの特急です!

着席保証だけでなく、浜通りの海岸を見ながら1本で都内から仙台まで在来線で行けるのはデカい。